その他

その他

基準地価企業・団体の見方、地方創生で下落に歯止め期待 二極化など今後の動向を注視

■全国宅地建物取引業協会連合会  伊藤博会長  住宅地は、住宅ローンの金利低下や住宅関連税制の拡充施策による需要の下支え、商業地においてもインバウンド需要や金融緩和の効果により商業施設用地取得等の不動産投資が活発になっていることにより、しばらくは上昇基調が続くのではないか。地方圏は依然として下落傾向で、歯止めをかけるには地方経済の活性化が不可欠。地方創生の推進が期待される。我われも地価回復の傾向を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年9月26日