その他

連載

民泊、革命、第35回、各形態を比較(2)、規制や要件に逆転現象も

 この1週間も新法民泊について、年間営業日数規制の具体的な日数は各自治体に委ねるとか、営業日数の調整がつかないので年内の法案提出は見送りになったなどと各紙報道がにぎやかだった。  現在より近い将来にかけ、合法で民泊をする場合、この新法民泊に加え、簡易宿所民泊、特区民泊の3つが有力な選択肢になる。前号に引き続き、この3つの比較をしてみよう。  なお、新法民泊については、詳細が決まっていないので、検討 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2016年9月26日