行政

1面トップ

民泊新法、概要明らかに、上限は稼働180泊に、条例で引き下げも可能、企画力で競争生き抜く

今国会での成立を目指す民泊新法(住宅宿泊事業法)の概要が分かった。上限日数は実際に利用した日数でカウントし、180泊(180日)に設定する。都道府県などの自治体が生活環境の悪化を防ぐためなど地域の実情に応じて、条例で日数を制限できるようにする。実際に営業した日数を確認する方法としては、家主が専用サイト上などに入力する方法と同時に、仲介事業者のデータを利用するなどの方法を検討する。 国土交通省と観 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年2月27日