行政

その他

固定資産税を3年間軽減、市民緑地制度、施設整備も補助

国土交通省は、10日に閣議決定した都市緑地法改正案に、空き地などを公園と同等の緑地に整備する市民緑地認定制度の創設を盛り込んだ。 公園不足の解消と空き地の有効利用を目的に、NPOやまちづくり会社などが設置管理者となり、土地所有者と賃貸契約を締結。設置管理者は、市区町村長に設置管理計画を申請し、認定を受けると、誰でもが使えるオープンアクセスの市民緑地として管理する。 それに伴い、現行で都道府県知 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年2月27日