その他

連載

【連載】藤澤雅義のリアル賃貸管理、成功と失敗例から学ぶ、110、繁忙期の空室対策、管理状況見直す好機

繁忙期(2~4月)の3カ月間は、年間賃貸借契約数の約4割が集中する(プロコール24、2016新規契約実績より)。この時期は1年を通して圧倒的に賃貸住宅の需要が高まるのである。 「空室対策」というと、閑散期に差し掛かった5月後半くらいから、ようやく本腰を入れて動き出すことがあるが、需要が低くなっているその時期では、すでに遅い。閑散期は需要も下がり、ライバル物件が募集条件を譲歩し始めるため、成約させ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年2月27日