その他

連載

【連載】不動産投資家のための知って得する税金塾、158、不動産取得時にかかる税金(3)、贈与と相続で異なる課税

不動産を贈与で取得した場合と相続で取得した場合とでは、課税される税金の種類が異なってくる。前者は「登録免許税」「不動産取得税」「贈与税」が、後者は「登録免許税」「相続税」が対象となる。 ・登録免許税 土地や建物の所有権移転登記をする際にかかる税金で、税率は下表のとおりである(土地・建物ともに税率は同じ)。贈与による場合は、通常の売買と同じく、高い税率が適用されるため、留意が必要である。 ・不 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年2月27日