その他

連載

【連載】CFネッツ流 大家実践塾、(234)生産緑地2022年問題(1)、周辺状況が地価に影響、早期解除も選択肢に

「父からは、生産緑地を解除してもよい、との了解をもらいました」との相談である。 といっても、簡単に生産緑地を解除できるものではない。 生産緑地に指定されると、基本的には(1)生産緑地に指定されてから30年経過(2)所有者が病気などで農業に従事できなくなった(3)所有者が死亡の場合でないと解除することはできない。 今の生産緑地制度が施行されたのが1992年である。つまり(1)により生産緑地を解 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年4月3日