行政

その他

依頼者への報告義務強化、宅建業法の解釈・運用改正、条件合わない場合も

国土交通省は、改正宅地建物取引業法の施行に合わせて、「解釈・運用の考え方」を一部改正した。 今回の改正では、標準媒介契約約款に、文書による売買・交換の申し込みがあった時は、依頼者の希望条件を満たしていなくてもその都度、遅滞なく報告することを義務付ける項目を追加した。 建築付土地売買契約に関する事項も新設した。 同契約を締結する際には、建物の工事請負契約の成立が土地売買契約の成立または解除の条 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年4月10日