行政

その他

選手村を水素活用街区に、都、五輪後の整備計画公表

東京都は、東京五輪後の選手村地区のエネルギー整備計画と事業実施方針を公表した。新技術を活用して災害時の自立性を確保しながら、快適性とエコな暮らしを両立する環境先進モデル都市の実現を目指す。 エネルギー源の多様・多重化、地産地消と貯蔵、エネルギーマネジメントの導入などを計画。具体的には、街区と車両に一体的に水素を供給するため、パイプラインを敷設し、車両向けにも使える水素ステーションから各街区へ水素 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年4月10日