行政

その他

所有者不明土地で、ガイドライン改訂、国交省

国土交通省は3月30日、所有者の所在把握が難しい土地の探索・利活用のためのガイドラインを改訂した。 昨年3月に策定したガイドラインに関係法などの改正による制度改正を反映したほか、優良事例の紹介などを追加した。 国交省は今年度から、所有者不明の遊休農地の利活用に向けて公示・裁定制度を拡充し運用を見直す。そのほか、地理情報システム(GIS)を活用して土地関連情報を重ね合わせるなど、ICTを積極的に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年4月10日