その他

連載

【連載】CFネッツ流 大家実践塾、(235)生産緑地2022年問題(2)、相続税猶予で負担軽減、免除には別の要件が必要

前回紹介したように「30年経過」「所有者の死亡」以外でも、「所有者が病気などで農業に従事できなくなった」という条項を使って生産緑地指定を解除できる。 この申請には、本人の健康状態を確認するために自治体の担当者と面談を行い、あわせて医師の診断書を取るなど、一定の条件が必要となる。 ただ、営農不能だから即生産緑地を解除できるわけではない。 (1)自治体がその農地を買い取らないと判断(2)ほかの農 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年4月10日