その他

連載

【連載】住宅時評 トレンドを斬る(930)、ハウジングライター・藤原 利彦、「変わる暮らしと住まいのかたち」、つくり手側も転機、迫られる環境変化への対応

アキュラホーム住生活研究所が運営事務局を担う「住みごこち・住みごたえ・住みこなし推進研究会」は3月29日、第3回シンポジウムを開催した。第1回(15年3月開催)は「変わる家族と住まい」、第2回(16年3月)は「変わる女性と住まい」、そして今回は「変わる暮らしと住まいのかたち」がテーマ。 同研究所は14年にアキュラホーム創業35周年を記念して設立した企業内研究所。暮らし方提案の研究へ外部の研究機関 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年4月10日