041701

行政, 開発, 不動産流通・売買・仲介, ハウス・住設

1面トップ

住宅・不動産業界の働き方改革、人口減少に向け生産性向上、女性など多様な人材活用

官民問わず議論が進む働き方改革。2010年に8000万人以上だった生産年齢人口(15~64歳)は、30年に約6700万人となり、生産年齢人口率は63.8%(10年)から58.1%(30年)に減少する。個々の生産性を上げていくことが強く求められている。住宅・不動産業界の対応はどうなっているのか。各社、生産性を上高めるための新しい取り組みを開始している。 政府は、少子高齢社会による労働力の低下に備え ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年4月17日