不動産流通・売買・仲介

その他

グループ再編効果を実感、東京建物不動産販売加茂正巳社長に聞く「ハブ機能化が奏功」、新トップインタビュー、ブリリア2次流通、売り物件の確保が鍵

東京建物不動産販売にグループ再編効果がじわりと出ている。前期(2016年12月期)は営業利益ベースで会社設立以来の過去最高をたたき出し、今期もグループ全体のCRE戦略支援の窓口として事業機会のさらなる創出を目指す。2017年1月1日付で東京建物専務と東京建物不動産販売の社長に就任した加茂正巳氏は、グループの中期計画と再編が当初の目論見に沿っていると実感する。 --社長就任から約4カ月。舵取りの手 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年4月17日