行政

その他

罹災証明交付を迅速化、防災基本計画、熊本地震踏まえ修正

政府は11日、中央防災会議を開き、熊本地震や岩手県岩泉町の高齢者施設が被災した台風災害などを踏まえて、防災基本計画を修正した。 熊本地震を踏まえて、市町村が災害時に罹り災証明書を迅速に発行できるように、住家被害の調査や罹り災証明書交付の担当部局を定めることに加えて、計画的な応援受け入れ体制の構築などの項目を追加。効率的な罹り災証明書交付のため、業務を支援するシステム活用を検討することも盛り込んだ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年4月17日