開発

その他

健康寿命を延伸する高齢者住宅、野村不「OUKAS」投入

野村不動産と野村不動産ウェルネスは高齢者住宅の新ブランドを「OUKAS(オウカス)」に決めた。千葉県船橋市の複合開発「ふなばし森のシティ」隣接地に「OUKAS船橋」(総戸数125戸)を今年10月に開業するのを皮切りに10年間で40棟5000戸の供給を目指す。 健康寿命を延伸し、生涯在宅・自立生活を送れるよう支援する新しい対応の高齢者住宅。高齢人口の90%強が自立生活が可能(自立または軽度の要介護 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年4月17日