行政

その他

戦略特区、新潟市が7月に民泊開始、市街化調整区域内が対象

新潟市は、市街化調整区域内での特区民泊を実施する計画を20日に開いた国家戦略特別区域会議に申請した。最低日数は2泊3日で調整している。 農業体験や食、自然など田園型都市の特色を生かしたグリーン・ツーリズムの拠点として民泊を活用するとともに、将来的な移住につなげる狙いもある。すでに市内のNPOが、所有する空き家を特区民泊に活用したいとの意向を示している。 今後、諮問会議で認定を受けた後、6月の定 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年4月24日