開発

その他

三菱地所、常盤橋再開発が起工、全体竣工は27年高さ390m都市インフラを更新

三菱地所は17日、施行者として進めている「大手町二丁目常盤橋街区地区第一種市街地再開発事業」の初弾となるD棟(下水ポンプ所)新築工事の地鎮祭を行った。2021年12月の竣工を目指す。 東京駅日本橋口前の約3万1400平方メートルの敷地に高さ日本一となる約390メートルの複合ビルなどを段階的に開発する事業期間10年超のプロジェクト。街区内の日本ビルは、東京都の下水ポンプ所を合築していることから、重 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年4月24日