賃貸管理

その他

VR内覧システム、大和エステートが採用、ナーブの賃貸向け

バーチャルリアリティ(VR)関連事業を手掛けるナーブ(東京都千代田区、多田英起社長)はこのほど、VRで不動産内見・接客ができる「VR内見」システムを大和エステートの14直営店に導入した。ナーブはVR内見の効果について「実地での内見数が減少するため、移動時間・費用が削減できるほか、鍵を受け渡す工数も削減できる」としている。 事前に撮影アプリを使い物件内を撮影する。その後QRコード付きの物件チラシを ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年4月24日