その他

連載

【連載】CFネッツ流 大家実践塾、(237)法的手続きは相手方吟味を、連帯保証人を除外することも、建物明渡請求と滞納家賃請求

賃貸物件の借り主の家賃滞納が長期化すれば、法的手続にて解決を図る。主に建物明渡請求と滞納家賃請求の民事訴訟である。その借り主に連帯保証人がいれば、借り主と合わせて連帯保証人も被告として、前記訴訟を裁判所へ提起する。しかし、その内容次第では、借り主のみを被告として訴え、連帯保証人をあえて被告から外すケースもある。 約4年前のことである。当社賃貸物件を賃借していた借り主Nは、物件の家賃支払いを遅れる ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年4月24日