不動産投資・資産運用

その他

三田証券、京町家を取得、小口商品化、リノベで宿泊向け再生

三田証券(東京都中央区、三田邦博社長)は、京都の文化的な街並みや歴史的建造物を守るための保全プロジェクトに集中的に資金投下する。 その初弾として不動産特定共同事業法による京町家第二号任意組合を3月30日に組成した。 京都市内の2階建ての長屋2棟を取得し、宿泊向けの施設としてリノベーションを行い再生する。場所は二条城の北西に位置し、賃貸マンションなどの開発も進んでいる。 今回のプロジェクトは投 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年4月24日