開発

その他

ビル市場18年から競争激化、森トラスト調べ、超大規模供給が増加

森トラストがまとめた東京23区の大規模オフィスビル供給量調査によると、延べ1万平方メートル以上の大規模オフィスビルの2016年供給量は前年(118万平方メートル)を16%、過去20年平均(105万平方メートル)を5%下回る99万平方メートルだった。 17年は、79万平方メートルと過去平均を下回る見込みだが、18年は139万平方メートル、20年は過去3番目に多い177万平方メートルの供給が見込まれ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年4月24日