その他

連載

【連載】2017、米国不動産市場を探る、奥田“サム”貞沖、100日経過後のトランプ政権、経済政策に業界賛否、低利住宅ローンに期待感

年明け1月20日に米国トランプ政権が発足してからハネムーン期間と言われる100日が過ぎた。堅調な国内景気の半面で、外交政策では難問が山積している。シリア問題や挑発行為を繰り返す北朝鮮情勢で世界の緊張が高まる中で、直近では防衛予算の大幅な増額が国内景気にどう影響するかも注目だ。依然として国内外で賛否両論が聞かれる一方で、アメリカ第一主義を掲げ、有言実行型の政策を表明した同大統領には期待も膨らんでいる ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2017年4月24日