「週刊住宅」の特集バックナンバーが見られます。

2017年4月17日号【シルバービジネス特集】

多様化するシニア住宅、不動産各社が特色競う 本格的な高齢社会を迎え、多彩な業種が参入した高齢者の住まい。不動産関連だけを見てもそのビジネスモデル、特色はさまざまだ。まちづくりや住宅供給のノウハウを生かして良質なシニア住宅 […]

2017年3月13日号【土地の有効利用特集】

空き地対策に国が本腰、“空間”生かした活用模索、隠れた土地需要を掘起こす 空き家の増加が表面化したことから、国は空き家対策特措法を施行し、自治体が周辺に悪影響を及ぼす空き家を除却できる仕組みを構築するなど、国や自治体、民 […]

2017年2月27日号【賃貸住宅特集】

新世代オーナーが考える賃貸市場と空室対策、新築供給増が大きな影響、不動産投資戦略マイスター大友哲哉 最近、賃貸住宅管理会社が頭を悩ませていることの一つに「物件オーナーが代替わりして、若い新オーナーに管理委託契約を解除され […]

2017年1月2日号【2017年新年特集2 上半期の展望と課題】

分譲住宅、懸念材料は販売価格 トランプ新大統領が誕生する。米国では景気拡大の期待が高まっているが、日本国内でも円安、株高をもたらしたいわゆる「トランプ相場」がこのまま継続するのかが最大の関心事だ。マンション市場は需給とも […]

2017年1月2日号【2017年新年特集1 住生活産業拡大で市場活性化】

多彩なサービスを創出 昨年、国土交通省が策定した「新しい住生活基本計画」は、住生活に関連する周辺ビジネスを含む「住生活産業」の成長促進のための具体策に、生産体制の整備や技術の承継・開発、住宅ストックビジネスの活用化、幅広 […]

2016年12月19・26日号【不動産流通特集】

売買市場は堅調に推移 買い換え需要に期待 売買仲介マーケット 価格調整後に照準 消費者の住宅ニーズ底堅く 2016年の中古住宅市場は、年初以降の円高・株安が進んで経済見通しに不透明感が増したものの住宅売買は底堅かった。新 […]

2016年11月21日【資産運用特集】

収益物件ニーズは旺盛、多様化する投資家向け商品 少子高齢化や人口減少などの影響で、国内の新築住宅の需要拡大が見込めず、大幅な成長が難しくなる一方、インフラファンドをはじめJリートの新規上場が相次いだ。私募リートの新規運用 […]

2016年10月24日号【住宅・土地政策拡充キャンペーン 6】

大胆な規制改革で、グローバル環境整備 ヒト、モノ、カネを呼び込め  世界経済の先行きに不透明感が増す中、日本の景気回復にも減速感が漂う。わが国のデフレ脱却を確実なものにするためには、企業による設備投資の拡大とイノベーショ […]

2016年10月17日号【2×4特集】

毎月24日はツーバイフォーの日 用途広がる大規模耐火2×4 コスト、工期に優位性、福祉・医療、商業施設など  日本ツーバーフォー建築協会が発行する耐火建築物大臣認定仕様の承諾件数が2016年9月末で3000件の大台を突破 […]

2016年10月17日号 住宅・土地政策拡充キャンペーン 5

消費者に選ばれる既存住宅へ 建物検査の普及が鍵に 住宅ストックの流通を促す 不動産業界は家余り時代の住宅政策に対応し、既存住宅の流通活性に向けた取り組みを加速する。新築住宅メーンの事業戦略からの転換を迫られているが、言っ […]

2016年10月10日号【住生活月間特集】

豊かな住生活の創出で人をつなぐ 住みたくなる家づくり街の魅力アップに貢献 世界金融危機後に落ち込んだ住宅・不動産マーケットは、アベノミクスと日銀の金融緩和を機に緩和マネーが大都市部に流れ込み地価を引き上げた。今年2月のマ […]

2016年10月10日号【住宅・土地政策拡充キャンペーン4】

対外需要の取込み促進を 国際取引での競争力強化 政府は東京オリンピック・パラリンピックを開催する2020年以降を見据え、空港の機能強化や鉄道ネットワークの充実など国内のインフラ強化を掲げるとともに、開発技術や不動産市場の […]

2016年10月3日号【住宅・土地政策拡充キャンペーン3】

耐震化を急げ、住宅耐震化率95%へ、補助金や啓発活動を 東日本大震災や熊本地震など大規模地震による災害が後を絶たない。豪雨や台風による被害も多く発生し、国民の生命はもちろん社会基盤である住宅や道路などを守るために耐震化と […]

2016年9月26日号【不動産ITビジネス特集】

TsforJava、ファインネットテクノロジー 賃貸管理業務支援システム、“管理”から“集客”まで、「売上げアップ」を総合支援 ファインネットテクノロジー(東京都中央区)の賃貸管理業務支援システム「Ts for Java […]

2016年9月26日号【住宅・土地政策拡充キャンペーン2】

住宅市場活性化で内需を拡大、求められる取得支援策 子育て世代の中心である若年世帯の年収は過去に比べて減少し、住宅取得能力の低下が見られる。デフレからの脱却に向けたアベノミクスにより景気が回復しつつあるものの、個人消費や民 […]

2016年09月26日号【特集 不動産再生ビジネス】

スピード査定で買取り、戸別マンションリノベーション 仲介会社との連携重視 タイセイ・ハウジーリバース  タイセイ・ハウジーリバース(東京都渋谷区、赤間敏雄社長)のマンションリノベーション事業が好調だ。16年6月期は、35 […]

2016年9月19日号【住宅・土地政策拡充キャンペーン1】

経済成長へ市場活性化 税制改正概算要求空き家対策を拡充 総務省が2月に公表した2015年国勢調査の速報値を見ると、日本の総人口は前回10年の調査より94万7000人(0・7%)減少し、1920年の調査開始以来、初めての減 […]

2016年9月5日【防災特集】

災害リスク増大に対応 地震や大雨、台風などによる自然災害が続いている。史上初めて東北地方に上陸するコースをとった台風10号は、各地に大きな爪あとを残したばかり。この1年間を振り返ると鬼怒川決壊や熊本地震など、これまで経験 […]

2016年7月18日号【2015年度本社「首都圏優秀マンション表彰」】

最優秀賞に「BrilliaTowers目黒」、東京建物首都圏不燃建築公社都心市場をけん引  次世代に残る優れた分譲マンションプロジェクトを表彰する週刊住宅新聞社の15年度「首都圏優秀マンション表彰」の最優秀マンションが「 […]

2016年8月1・8日号【2016年下半期の展望と課題】

価格上昇で慎重な供給姿勢、分譲住宅 分譲住宅市場が、不透明感を増している。都心部の高額物件が相次いで発売されその売れ行きも好調なのに対して、近郊・郊外では物件によっては販売が長期化。特に郊外では供給の減少が目立つ。不動産 […]

2016年8月1・8日号【暑中特集 安心・安全な住生活を実現】

中古住宅の不安を軽減、新住生活基本計画 空き家活用や改修支援 少子高齢社会到来による空き家が急増するとともに、消費者にとって中古住宅の品質に対する不安も依然として大きい。今後10年間に手掛ける住宅政策の方向性を示し、今年 […]

2016年7月25日号【不動産流通特集】

各社、潮目の変化を探る 売買目線の乖離縮まらず 在庫積み上がり要注意 中古住宅マーケット 住宅ストックの活用が注目を集めている中で、不動産流通各社は、中古住宅の取扱件数をここ数年伸ばしてきた。新築マンションの供給が少ない […]

2016年7月11日号【賃貸管理ビジネス特集】

市場激変に対応を、民法改正や民泊開放・新技術 賃貸住宅管理をめぐる環境が大きく変わりつつある。新規物件供給増により既存物件の客付けが難しくなっていることや、近い将来予定される民法改正によって連帯保証人契約や原状回復のルー […]

2016年6月13日号【環境月間特集】

地方に広がるスマートシティ、街区エネルギー消費ゼロへ スマートシティといえば三井不動産などが推進する「柏の葉スマートシティ」が代表的プロジェクト。スマートシティはこれまで首都圏、近畿圏など大都市中心に展開されてきたが、こ […]

2016年5月30日号【ワンルームマンション特集】

首都圏ワンルームマンション市場の現状と見通し 供給大幅に増加、原点回帰続く 寄稿 東京カンテイ市場調査部上席主任研究員井出武 日銀が導入したマイナス金利付き量的・質的金融緩和の導入によって実物不動産投資に注目が集まってい […]

2016年5月30日号【特集明日のマンション開発を考える】

需給とも慎重姿勢に、価格高止まりが市場に影響 不動産ジャーナリスト目黒孝一  夏の参議院選挙を見据えた景気対策が期待される中、企業の間で先行きへの厳しい見方が広がっている。新興国経済の減速や円高の進行などで景況感を示す指 […]

2016年5月16日号【中古住宅・空き家フォーラム 特別座談会】

安心安全な循環型住宅市場の確立へ 宅建業法改正で流通市場を活性化 特別座談会(専門3紙共同企画) 2020年に世帯数が減少に転じ、現在820万戸ある空き家は、33年に約2150万戸に急増するとの試算がある。国は建物状況調 […]

2016年4月18日号【シルバービジネス特集】

シニアの住まい、特色生かし多彩な供給 今年2月に総務省が公表した2015年国勢調査によると、日本の人口は5年前の前回調査よりも94万7000人減少し1億2711万人(速報値)と、1920年の調査開始以来初めて減少を記録し […]

2016年3月14日号【土地の有効利用特集】

人口減少下で賑わい創出 総務省が2月26日に発表した2015年国勢調査(速報集計)によると、日本の人口は1億2711万人だった。前回調査(2010年)と比べると94万7000人減となり、1920年の調査開始以来、初めて減 […]

2016年3月14日号【春のハウジングガイド】

高額帯好調も進む二極化 中古への過渡期、マーケットに変化 寄稿 住宅ジャーナリスト櫻井幸雄 都心部では、平均坪単価1000万円という物件が現れ、武蔵小杉や横浜みなとみらい、浦和、国分寺といった郊外拠点エリアで坪単価330 […]

2016年3月7日号【3・11 東日本大震災から5年】

東日本大震災から5年、復興へ地域経済を支援  未曾有の被害をもたらした東日本大震災から5年。政府が定めた集中復興期間が終了し、復興・創生期間に入る。道路や上下水道といったインフラ復旧はほぼ終え、災害公営住宅も今年度末には […]

2016年2月29日号【空き家特集】

特措法と税制で除却促す “アメ”と“ムチ”で空き家抑制 2013年住宅・土地統計調査で、空き家が820万戸にのぼることが発表されて以降、空き家への注目が高まり社会問題として認識されるようになった。昨年5月に空き家対策特別 […]

2016年2月22日号【賃貸住宅特集】

賃貸住宅商品が多様化、資産活用ニーズを取り込み 2015年1月の相続課税の強化が契機となって活況が続く賃貸住宅建設。戸建てが消費増税の影響で予想以上に回復が長引いたこともあって住宅メーカー各社は賃貸住宅シフトを強めている […]

2016年1月4日号【2016年新年特集2 2016年上半期の展望と課題】

分譲住宅 価格上昇 慎重な供給に 日本経済に対する悲観的なムードが出てくる中で、4年目に入るアベノミクス。マンション市場は「杭打ちデータ偽装問題」の収束を見ないまま2016年を迎えた。市場を取り巻く懸念材料は杭打ち問題だ […]

2016年1月4日号【2016年新年特集1 成熟社会へストック活用】

ストック活用で循環型社会へ 2016年は、新築住宅供給や新たな宅地開発に力を入れるフロー型から、成熟した循環型社会実現を目指して、リフォームや中古住宅流通などを進めるストック活用型推進の分岐点となりそうだ。今年3月に閣議 […]

2015年12月21日【不動産流通特集】

既存住宅マーケット 実需・投資、両輪稼働で売買回復が顕著に 少子高齢社会に伴い人口減少が本格する中で、毎年積み上がっていく既存住宅の活用が今後の住宅・不動産業界の成長領域である。メーンプレーヤーである流通各社も東京を中心 […]

2015年11月23日【資産運用特集】

高まるニーズ対応、活発に供給 拡大する収益不動産ビジネス 不動産投資による資産運用に、あらためて注目が集まる。リーマン危機や東日本大震災の影響から脱した不動産市場は、アベノミクスや東京五輪開催決定を受け回復が著しい。”異 […]

2015年10月26日号【住宅・土地政策拡充キャンペーン6】

大胆な規制緩和でグローバル環境整備、投資呼び込み強い経済へ  日本経済の再生を実現する上で、欠かせないのが大都市の国際競争力の強化である。東京はいまだアジア最大の都市力を誇るものの、高い経済成長を続けるシンガポールなどア […]

2015年10月19日号【毎月24日はツーバーフォーの日 2×4特集】

2×4、6階建てに挑戦 耐火性向上で市場拡大 学校などへ用途広がる 2×4工法の新たな挑戦、中層6階建ての実現に向けた実験棟(延床面積207平方メートル)が11月初旬、つくば市の建築研究所敷地内に着工される。14年度木造 […]

2015年10月19日号【住宅・土地政策拡充キャンペーン5】

空き家対策拡充を 治安維持、地域活性化に直結 本格的な少子高齢・人口減少社会を迎え、空き家が急増している。国は5月に空家等対策の推進に関する特別措置法を完全施行したほか、6月30日に閣議決定した「骨太の方針2015」で空 […]

2015年10月12日号【住生活月間特集】

居住水準を高めて豊かな暮らし実現 地域社会の活性化につなげる バブル経済が崩壊してから長期の景気低迷を経て晩婚や単身者が急増した。人口減少と超高齢社会の到来を招くなど社会構造が大きく変わり、住宅・不動産業界は新築住宅を単 […]

2015年10月12日号【住宅・土地政策拡充キャンペーン4】

人・資金・政策 中古市場に投入を 建物の適正評価が必須 「透明性の期待には応える」 少子高齢化・人口減少でマーケットが縮小に向かい中古住宅の重要性が増している。最近では消費者も中古住宅を選択するケースも増えたが、欧米のよ […]

2015年10月5日号【住宅・土地政策拡充キャンペーン3】

災害に強い国づくり 目標は「20年までに95%」/耐震改修の促進支援を 大規模な自然災害が増えている。今年の5月は岩手・福島・鹿児島・茨城・神奈川の各地で震度5弱~5強以上の地震が頻発。9月には鬼怒川の氾濫で95カ所の堤 […]

2015年9月28日号【住宅・土地政策拡充キャンペーン2】

住宅取得支援策の拡充を 消費税率10%の影響懸念 消費税率が2017年4月に再び引き上げられる。さまざまな分野でその影響が懸念されるが、とりわけ取引額の大きい住宅市場に与える影響は大きい。14年4月に消費税率が5%から8 […]

2015年9月28日号【不動産再生ビジネス特集】

タイセイ・ハウジーリバース 仲介会社と連携強化 戸別マンションリノベーション売上げ、戸数とも25%増 タイセイ・ハウジーリバース(東京都渋谷区、赤間敏雄社長)のマンションリノベーション事業が好調だ。15年6月期は、308 […]

2015年9月28日号【不動産ITビジネス特集】

TsforJava、ファインネットテクノロジー “管理”から“営業支援”まで、ポータル連携など強化 賃貸管理プラットフォーム ファインネットテクノロジー(東京都中央区)の賃貸管理システム『Ts for Java』。賃貸管 […]

2015年9月21日号【住宅・土地政策拡充キャンペーン1】

国交省税制改正特例拡充で流通活性化、住宅ストックの活用に本腰 日本は2019年に人口に加えて世帯数も減少局面に入る。たとえ新築がゼロだったとしても空き家が増えることを意味し、現在820万戸ある空き家は、さらに増加の一途を […]

2015年9月7日号【防災特集】

密集市街地解消急ぐ  首都直下型地震や東海地震とそれに伴う津波をはじめ、集中豪雨や酷暑など気候変動による土砂災害や洪水・渇水、富士山噴火といった火山活動とさまざまな自然災害が危惧されている。国は、被害が大きいと予想される […]

2015年8月3・10日号【2015年下半期の展望と課題】

本記事は2015年8月3・10日号のものです。 2016年8月1・8日号の【2016年下半期の展望と課題】はこちらです。 分譲住宅 2年連続し供給減少 回復が続いていた分譲住宅市場が、不透明感を増している。不動産経済研究 […]

2015年8月3・10日号【暑中特集 人口減少・高齢化社会を商機に】

本記事は2015年8月3・10日号のものです。 2016年8月1・8日号の【暑中特集 安心・安全な住生活を実現】はこちらです。 空き家事業の可能性に期待 対策特措法施行で注目集まる 建物利用から土地活用まで 本格的な少子 […]

2015年7月27日号【不動産流通特集】

中古マンション市場・東京区部、品薄で価格急上昇 都心部07年ピーク超え、投資マネー流入も二極化鮮明 新築分譲マンションの供給が絞られ、景気の回復期待とオリンピックという大イベントを控えて湾岸エリアを中心に東京区部の中古マ […]

2015年7月20日号【2014年度首都圏優秀マンション表彰】

本記事は2015年7月20日号のものです。 2016年7月18日号の【2015年度「首都圏優秀マンション表彰」】はこちらです。 最優秀賞に「三田綱町」 三井不レジ、豊かな緑と安心私的空間  次世代に残る優れた分譲マンショ […]

2015年7月13日号【賃貸管理ビジネス特集】

空室対策、鍵は「企画」、ソフト含めた質向上を 賃貸住宅供給数が増える中、既存物件の空室対策が求められている。賃貸住宅市場の現況や自主管理オーナーと管理会社に求められる心構え、賃貸住宅運営方法を本紙連載「客付け力の時代」連 […]

2015年6月29日号 【週刊住宅創刊55周年特集】

「生まれ変わる地方と都市」 官民で街づくり提案、地方創生都市再開発両輪で少子高齢化に対応 週刊住宅新聞が創刊した1960年は、高度経済成長の真っ只中にあり、64年の東京オリンピック開催で東京は街の姿を一変させた。その後、 […]

2015年6月15日号 【宅建士スタートアップフォーラム】

宅建士スタートアップフォーラム 新時代を展望、700人集結  住宅・不動産業界7団体で構成する「宅地建物取引士認知度向上PRプロジェクト実行委員会」は8日、東京・虎ノ門の日本消防会館ニッショーホールで「宅建士スタートアッ […]

2015年6月8日号 【環境月間特集】

スマート技術、世界に発信、官民で温暖化対策加速 政府は2日、地球温暖化対策推進本部の会合を開き、国内での温暖化ガス排出量を2030年までに13年に比べ26%削減する新しい目標案を了承した。太陽光など再生可能エネルギーの普 […]

2015年5月25日号【ワンルームマンション特集】

本記事は2015年5月25日号のものです。 2016年5月30日号の【ワンルームマンション特集】はこちらです。 首都圏ワンルームマンション市場の現状と見通し 物件価格上昇も原点回帰 寄稿東京カンテイ市場調査部上席主任研究 […]

2015年5月25日号【特集明日のマンション開発を考える】

ハード差別化は限界に、大手各社総合力で顧客に満足 市場縮小に備え体制強化 不動産ジャーナリスト目黒孝一  マンション販売は都心部や湾岸部を中心に引き続き好調を維持しているが、都心と郊外の格差は進み、全体で見れば市場縮小が […]

2015年4月20日号【シルバービジネス特集】

広がり見せるシニア市場、制度改善で街づくり促進 2060年に高齢化率が約4割に達するという人類史上に例を見ない超高齢社会を迎える。国はふくれあがる社会保障費を抑制するため、施設介護から、自宅やサービス付き高齢者向け住宅で […]

2015年4月13日号【北陸新幹線開業特集】

東京~金沢、最速2時間28分 北陸新幹線3月利用状況/利用客前年の2倍、利便性向上、波及効果に期待 北陸新幹線の長野-金沢間が3月14日、開業した。東京からの所要時間は富山まで最短で2時間8分、金沢まで2時間28分と従来 […]

2015年4月6日号【宅建士誕生特集】

高度化・複雑化する宅建業、求められる“プロ”の責務 1日、改正宅地建物取引業法が施行され、宅地建物取引主任者は「宅地建物取引士」(通称・宅建士)に名称が変わった。少子高齢社会による人口減少やICT(情報通信技術)の発達、 […]

2015年3月30日号【宅建士特集】

特別座談会不動産流通市場の活性化と宅建士の役割、宅建士、誕生、専門3紙共同企画 プロの信頼で不動産市場を拡大 改正宅地建物取引業法が4月1日施行となり、「宅地建物取引士」が誕生する。昨年の通常国会で成立した改正法は、宅地 […]

2015年3月30日号 【不動産キャリアパーソン】

全従業者の取得に弾み全従業者の取得に弾み 実務能力の底上げ図る 全宅連 ビジョン実現の第一歩 阪井一仁・人材育成委員長に聞く 全国宅地建物取引業協会連合会(東京都千代田区、伊藤博会長)は2013年5月に独自の研修制度とし […]

2015年3月23日号【地価公示特集】

都心・湾岸が上昇鮮明、15年公示地価景気回復と外資流入 国土交通省は18日、2015年1月1日時点の公示地価を公表した。全国の地価変動率は住宅地が7年続けて下落した一方で、商業地は7年ぶりに横ばいに転じて下落に歯止めがか […]

2015年3月16日号【土地の有効利用特集】

流動性高め高収益化、成長持続へ官・民が活用提案  土地を有効利用するため、官民の間で動きが活発になっている。1月には相続課税が強化され、節税対策として賃貸住宅の供給が進む中、狭小地や旗竿地など、これまで収益化が難しかった […]

2015年3月2日号【春のハウジングガイド】

準都心、近郊に「戻る客足」 寄稿 住宅ジャーナリスト櫻井幸雄 広がる「二次取得層への対応」、価格先高観で動き出す顧客  2015年の年明けから首都圏のマンション販売センターに客足が戻り出した。その理由として挙げられるのが […]

2015年2月23日号【賃貸住宅特集】

繁忙期のピーク2月に、貸家の新築着工数、3年連続増 2015年も引き続き賃貸住宅の供給過多が続きそうだ。1月に始まった相続増税により、今後も賃貸住宅を建てることによる節税対策が続くと見込まれており、各社とも顧客の取り込み […]

2015年1月5日号【2015年新年特集2 2015年上半期の展望と課題】

本記事は2015年1月5日号のものです。 2016年1月4日号の【2016年新年特集2 2016年上半期の展望と課題】はこちらです。 2015年上半期の展望と課題 分譲住宅 高額帯が市場けん引 成長戦略の打ち出しと確実な […]

2015年1月5日号【2015新年特集1 事業領域広がる不動産ビジネス】

本記事は2015年1月5日号のものです。 2016年1月4日号の【2016年新年特集1 成熟社会へストック活用】はこちらです。 需要創出力が成長の糧 アイデア捻り内需拡大/ビジネスの高度化で対応 金融緩和を端緒に東京など […]

2014年12月22-29日号【不動産流通特集】

中古流通の活性化、新築抑制が不可欠   中古マンションの展望と課題   寄稿・タス 主任研究員 R&D室長 藤井和之 政府の資産インフレを目指す政策期待から地価・住宅価格がじわり上昇した。景気回復を見 […]

2014年11月24日【資産運用特集】

拡大する収益不動産ビジネス、良質な物件供給が加速 不動産投資による資産運用ニーズが、あらためて注目を集めている。リーマン危機や東日本大震災の影響を脱した不動産市場が回復傾向にあることに加えて、デフレ脱却を目指す安倍政権の […]

2014年10月27日号【住宅・政策キャンペーン6】

耐震・防災化を急げ、「災害多発国」の最重要課題、旧耐震物件の建替え進まず 地震頻発国の日本では数年から十数年ごとに大地震に見舞われ、1995年の阪神・淡路大震災や11年東日本大震災では多くの人命や資産が奪われた。8月には […]

2014年10月20日号【住宅・土地政策拡充キャンペーン5】

「空き家」で地域活性を、820万戸への対応急務 現在開会中の臨時国会に、与党は「空き家対策推進特別措置法案」を提出する。総務省が7月に公表した「2013年住宅・土地統計調査」(速報集計)によると、13年10月1日時点での […]

2014年10月20日号【ツーバイフォー特集】

毎月24日はツーバイフォーの日2×4特集、2×4、一般工法化から40年、昨年度着工数、初の12万戸台、高い基本性能が評価 北米の住宅工法であるツーバイフォーの住宅工法である2×4工法を日本に本格導入するため、枠組壁工法技 […]

2014年10月13日号【住宅・土地政策拡充キャンペーン4】

都市再生へ“戦略特区” 政府は、都市の国際競争力を成長戦略として位置づける「国家戦略特区」を3月から順次指定している。特区では大胆な規制緩和や税制・金融面の特例措置などを生かして強力に経済成長を後押しする。56年ぶりに東 […]

2014年10月13日号【住生活月間特集】

社会要請を踏まえた住宅が相次ぐ、個と地域をつなぐ、豊かな生活を支援 少子高齢社会と人口の減少によって戦後から続いた新築住宅を単に供給する時代は終わり、社会構造の変化に対応しなければならない。住宅政策は、スクラップ&ビルド […]

2014年10月6日号【住宅・土地政策拡充キャンペーン3】

中古住宅流通を促進 資産の適正評価が鍵 国内人口の縮小を受けて住宅ストックの活用に注目が集まる。国家戦略として掲げた中古住宅流通・リフォーム市場は、2020年までに20兆円規模を想定している。中古住宅市場の創出に官が本腰 […]

2014年9月29日号【住宅・土地政策拡充キャンペーン2】

消費税10%へ負担軽減を、求められる取得支援策 今年4月に消費税率が5%から8%に引き上げられた。政府はまだ最終判断していないものの、来年10月には10%に再び引き上げとなる公算が大きい。さまざまな分野でその影響が懸念さ […]

2014年9月29日号【不動産相続ビジネス特集】

相続税強化で商機到来、住宅各社、賃貸併用など販売強化 2015年1月の相続増税を控え、住宅・不動産業界でも増税を切り口にしたビジネス展開が増えている。相続税の負担を抑えるために収益物件を建てたり、土地売却金で都心部のマン […]

2014年9月22日号【住宅・土地政策拡充キャンペーン1】

住宅取得策の促進を、国交省が税制・予算で要望、求められる”満額回答” 4月の消費増税以降、景気の落ち込みが深刻となっている。4~6月期の実質国内総生産(GDP)成長率は前期比年率7・1%減で、リーマン・ショック後の09年 […]

2014年9月22日号【不動産ITビジネス特集】

TsforJava、ファインネットテクノロジー 会計と不動産の“プロ”が開発、信用力と透明性でPMにも 会計対応型賃貸管理システム  ファインネットテクノロジー(東京都中央区)の『Ts for Java』は、賃貸管理の実 […]

2014年9月22日号【不動産再生ビジネス特集】

タイセイ・ハウジーリバース “売りやすい物件”供給、戸別マンションリノベーション仲介会社と連携強化  タイセイ・ハウジーリバース(東京都渋谷区、赤間敏雄社長)のマンションリノベーション事業が好調だ。  旺盛なニーズを背景 […]

2014年9月8日号【防災特集】

防災、減災を加速  政府は、都市の防災や減災、インフラ老朽化対策をまとめた国土強靱化基本計画を6月に策定した。事故や災害で避難する際の安全性確保を求めて建築基準法も一部改正。ただ、内閣府の調査によると、住宅耐震化を実施し […]

2014年8月4日号【暑中特集 2014年下半期の展望と課題】

増税後も販売好調を持続、分譲住宅  回復が続いていた分譲住宅市場が、ここにきて不透明感を増している。不動産経済研究所の調べによると、2014年1~6月に首都圏で発売された新築マンションは前年同期より20・2%少ない1万9 […]

2014年8月4日号【暑中特集 再開発で変貌する東京】

都市再生で経済成長、国家戦略特区いよいよ本格始動 防災対応、グローバル化が加速、規制緩和、減税でマネー誘導 東京、虎ノ門を“大改造”、外国人向け賃貸も拡充、関西圏など事業者決定、福岡市は高さ制限緩和  国家戦略特区がいよ […]

2014年7月28日号 【国交省からのお知らせ(2)】

すまい給付金を申請するための注意事項 消費税率引上げ後に住宅を取得される方に対して、収入に応じて最大30万円(8%時)を給付する制度です。申請は引き渡しから1年以内ならいつでも可能です。

2014年7月28日号 【不動産流通特集】

資産インフレは都心に集中 東京五輪まで価格上昇 中古マンション市場 金融緩和継続が条件 寄稿・スタイルアクト(旧アトラクターズ・ラボ)代表 沖有人 フローからストックへ。不動産業界では中古住宅市場に熱い視線を向け始めた。 […]

2014年7月21日号 【国交省からのお知らせ(1)】

すまい給付金を申請するための注意事項 ご存じですか?4月から申請が始まっています。 申請は引き渡しから1年以内ならいつでも可能です。

2014年7月21日号 【首都圏優秀マンション表彰】

2013年度本社「首都圏優秀マンション表彰」 最優秀賞に「千鳥ヶ淵」三菱地所レジデンス、皇居の緑望む高品位住宅  次世代に残る優れた分譲マンションプロジェクトを表彰する週刊住宅新聞社の13年度「首都圏優秀マンション表彰」 […]

2014年7月14日号 【賃貸管理ビジネス特集】

新築増続き賃貸経営に厳しさ 国土交通省が6月30日に発表した月次住宅着工統計によると、5月の新設住宅着工数は、昨年同月比15%減の6万7791戸と3カ月連続でマイナスを記録し、4月の同3・3%減と比べてマイナス幅も拡大し […]

2014年6月9日号 【環境月間特集】

スマートハウスの普及加速 家庭のエネルギーを一括管理するホームエネルギーマネジメントシステムを搭載し、家電、太陽光発電や燃料電池などを一元管理する住宅「スマートハウス」の普及が加速している。大手住宅メーカーが販売に本腰を […]

2014年5月26日号【相続企業特集 ハイアス・アンド・カンパニー】

相続ビジネスを支援するハイアス・アンド・カンパニー 相続相談ネットワークを拡大 比較ツールで土地活提案 日本の総資産の約7割を占める不動産は、相続の際に争いの元になりやすい。一方で、活用次第では資産を増やすこともできる。 […]

2014年5月26日号【ワンルームマンション特集】

供給回復も強まる規制 一定の効果、事業者は負担に 首都圏の投資用ワンルームマンションは、低金利や年金不安を背景に、1990年代後半から00年代にかけて急速に供給数を伸ばした。08年以降はリーマンショックなどで事業者の倒産 […]

2014年5月26日【特集明日のマンション開発を考える】

「安定供給」と「品質強化」、ストックビジネスや新市場開拓も、少子高齢化で激変する市場 住宅・不動産ジャーナリスト 目黒孝一  人口減少、少子高齢化でマンション事業は未知の世界に突入する。地方の専売特許となっていた人口減少 […]

2014年5月19日号【特集相続ビジネス最前線】

15年からの増税に備え 不動産相続、業界が支援、増税で事業機会広がる  2015年から相続課税が大幅に強化される。基礎控除が大幅に縮小し、税率構造も見直す。これまで相続税とは縁がなかった層にも課税対象が広がる見込みだ。住 […]

2014年4月21・28日号【シルバービジネス特集】

急拡大するシニア市場 「住」の高齢化対応進む 海外にノウハウ輸出も  急速に進む高齢化に住宅・不動産業界はどう対応するのか。国は、ふくれあがる社会保障費を抑制するため、施設型介護から住宅型介護へのシフトを強める。高齢者が […]

2014年3月24日号【地価公示特集】

地価回復に力強さ アベノミクスが需要喚起 Jリート市場けん引、都心部では過熱感も  地価に力強さが戻ってきた。国土交通省が18日に発表した公示地価は3大都市圏が6年ぶりに上昇した。アベノミクスへの期待感で、滞留していたマ […]

【2014年3月10日号】「土地の有効利用」

低・未利用地を高収益化、人口減少社会到来で関心高まる 土地の有効利用に対する関心が高まっている。本格的な少子高齢・人口減少社会に入り、大都市の低・未利用地の有効活用や再開発は国際競争力の向上に向けた喫緊の課題。人口減少の […]

2014年3月3日【春のハウジングガイド】

進化続ける分譲マンション 防災・環境に最新機能、災害時も自立生活可能に 省エネから創・蓄エネへスマート化が標準仕様に リーマンショック後に停滞を余儀なくされた分譲マンション市場が、ようやく回復軌道に乗ってきた。昨年の首都 […]

2014年2月17日号【賃貸住宅特集】

相続、消費増税で賃貸供給加速 賃貸住宅市場が注目を浴びている。住宅請負では、消費税増税を控えた駆け込み需要の反動で、10月以降の受注が前年同月比で減少する企業が現れた。一方で、消費増税の影響を受けなかった企業もあり、影響 […]

PAGE TOP