東京都施行再開発事業コンペ最優秀作品「東京新大陸プロジェクト」総戸数1300戸超 藤和不動産ほか4社


 藤和不動産、有楽土地、相鉄不動産、日鉱不動産、セントラル総合開発の5社は10月下旬、総戸数1300戸超の東京都施行再開発事業コンペ最優秀作品「東京新大陸プロジェクト」を発売する。
 事業比率は藤和、有楽が35%、相鉄不20%、日鉱不、セントラルが5%。所在地は、東京メトロ日比谷線・JR常磐線・つくばエクスプレス「南千住」駅から徒歩15分など、3駅5路線が利用なところ。2つの街区からなり、初めに分譲する8街区の敷地面積が約1万5251平方㍍、総戸数693戸。地上20階・地下1階建て2棟構成。間取りは3~4LDKで、専有面積は約71~105平方㍍。予定中心価格帯は3500万~4800万円台。
 東京都施行再開発事業コンペの最優秀作品で、「新たな都市をイメージさせるシャープなデザインと、水や緑に憩う、やすらぎの住環境という2つのテーマの調和が評価された」(事業者)としている。
 


公開日: 2005年9月7日