日本綜合地所 ライブドアマーケティングの完全子会社を買収、販売促進と宣伝費圧縮へ


 日本綜合地所は4月3日、ライブドアマーケティングの全額出資子会社で広告宣伝企画・製作および内装工事などを手がけているミクプランニング(東京都港区)の全株式を譲り受けることで合意したと発表した。ミクプランニングは広告宣伝の企画・製作のほかに、商業施設の開発、健康増進型温浴施設の開発など幅広く事業展開している。日綜とはモデルルームの設営業務の取引実績もある。
 今回の買収によって、広告宣伝力・モデルルーム企画力、イベント運営ノウハウ、マーケティング技術の活用によるマンション販売の促進と効率化などに反映させ、商品の差別化と付加価値の増大を目指し、連結ベースでの広告宣伝費の圧縮効果も狙う。商業施設開発のノウハウを取り入れることにも期待できるとしている。
 また、第2の収益の柱として位置づけている不動産投資事業でも、物件の高付加価値化が大きく寄与してくると見ている。
 今回の買収は、昨年9月の日立造船不動産に次ぐもので、株式公開後、2件目のM&A案件。


公開日: 2006年4月3日