アセット・マネジャーズ 06年2月期経常利益84億円、不動産ファンド積上げが貢献


 不動産ファンド運営や企業再生を手がけるアセット・マネジャーズが4月6日に発表した2006年2月期通期の業績予想によると、売上高は225億円(前回予想185億円)、経常利益84億円(同70億円)、当期純利益46億円(同38億円)の見通し。不動産ファンドの受託資産が加速度的に積み上がったことで手数料収入が増加したほか、ファンド運用資産の売却益にかかるインセンティブフィーや自己ファンドに対する配当収入が大きく貢献したのが上方修正の理由。M&Aで取得した株式の一部も売却した。


公開日: 2006年4月7日