リテック・コンサルタンツ 銀座1丁目で今秋から複合開発に着手、竣工後はファンド等で運用


 不動産流動化事業のリテック・コンサルタンツ(東京・文京区、齊藤敏博社長)は、東京都中央区銀座1丁目において一部借地権を含む土地約1025平方㍍と建物を取得、商業ビルとオフィスビルの2棟構成の複合再開発に今秋から着手する。総事業費は約560億円。銀座中央通り沿いに面した一等地で、開発後は不動産ファンド等での運用を予定している。
 同プロジェクトは、地下2階地上12階建延べ床面積約1万1361平方㍍の商業施設と、その裏に延べ床面積約8316平方㍍の店舗・オフィスの複合ビルを建設する。2008年3月の竣工を目指す。


公開日: 2006年4月20日