エルシーピー投資法人 5月23日に東証REIT市場に上場、高齢者向け施設等に投資


 昨年12月の東証J―REIT市場への上場を延期したエルシーピー投資法人が5月23日に上場する。主に住居系・高齢者向け居住施設・宿泊施設などに投資するが、オフィスや商業施設、物流施設、ホテルといった不動産も投資対象におき、幅広く投資していく。上場時の規模は約452億円。投資エリアは全国を視野に入れているが、首都圏(65・8%)が中心となる。上場時の発行済投資口数は5万9300口。公募・売出価格は15日に決定する。
 運用を手掛けるのは、LCPリート・アドバイザーズ。米投資会社のLCPグループと極東証券などが共同で設立。米国LCPからはノウハウや情報、アドバイスなどの提供を受けている。


公開日: 2006年4月21日