アセット・マネジャーズ 事業再生会社の多田建設の更生手続が終結、早期再上場へ


 不動産ファンド運営などを手がけるアセット・マネジャーズは7月3日、昨年12月に米投資銀行のリーマン・ブラザーズグループとともに事業再生支援をしていた中堅ゼネコンの多田建設が、6月30日付で東京地方裁判所から更生手続終結の決定を受けたと発表した。これを受け、不動産ファンド事業の開発型案件を中心に多田建設と連結をさらに深めいくとともに、早期の再上場を目指す。


公開日: 2006年7月4日