日本綜合地所 「保谷駅南口再開発事業」に参画、Ⅰ街区の分譲住宅等を開発


 日本綜合地所は、西東京市の「保谷駅南口再開発事業」に参画する。西東京市から同再開発の特定建築者予定者に選任されたもので、今後、同市と業務に関する基本協定書を取り交わし、都知事認可を経て正式に特定建築者に正式に決定する。 
 保谷駅南口再開発事業の総事業費は約107億円。Ⅰ街区、Ⅱ街区、ペデストリアンデッキ(約1200平方㍍)、駅前広場(約3000平方㍍)で構成され、日綜はⅠ街区の分譲住宅42戸と店舗1区画、Ⅱ街区の地下1階店舗を取得する。
 Ⅰ街区の規模は、地下1階地上11階建て延べ床面積約9300平方㍍。2007年3月に着工し、09年3月オープン予定。Ⅱ街区は、地下2階地上5階建て延べ床面積約7800平方㍍。店舗(地権者店舗含む)と公共施設(図書館・公民館)が入る。06年10月に着工して08年4月のオープンを目指す。


公開日: 2006年7月7日