日本中央地所 アセットマネジメント社を設立、病院に特化した不動産ファンドを今秋組成


 日本中央地所は、不動産ファンド事業に参入するため、連結子会社として日本中央地所アセットマネジメントを設立した。第1号として病院に特化した不動産ファンドを今秋中に組成する予定。投資対象は、1施設あたり20億円から50億円規模の全国の病院で、2008年末の目標運用資産額は1000億円。新会社は、病院施設のセールス・リースバックの賃借人となる医療法人の経営内容のモニタリング、経営改善の助言など踏み込んだ運用を行う。


公開日: 2006年7月10日