野村不動産HD 野村不動産投資顧問が有価証券の投資一任業務に参入、不動産系で初


 野村不動産ホールディングスの全額出資会社である野村不動産投資顧問は7月7日付で金融庁から投資一任契約に係る業務の認可を不動産会社系として初めて取得したと発表した。これにより、同投資顧問は不動産を裏付けとした金融商品の運用サービスに特化し、国内外の不動産ファンド・オブ・ファンズや不動産担保証券(CMBS)ファンド等の有価証券を運用対象とするファンド事業を展開しつつ、国内外の年金基金および機関投資家からの投資一任業務の受託を目指す。


公開日: 2006年7月10日