80%超が「住宅の購入を急いだ」 長谷工アーベスト:顧客マインド調査


 長谷工アーベストはこのほど、WEBアンケート形式による顧客マインド調査を実施した。
 最近1年以内に住宅を購入したモニターを対象にした「金利・地価の上昇傾向を鑑みて、なるべく早く購入したいと感じましたか?」という質問に、81%が「購入を急いだ」と回答。購入検討中のモニターに比べ、金利先高感・地価先高感・買い時感ともポイントが高かった。
 なお、購入を急いだモニターでは「月収・年俸が増加した」という回答が多く、経済的にもやや余裕が出てきたことが買い急ぎの下地になっていることが分かった。


公開日: 2006年7月20日