日本綜合地所 「禁煙促進キャンペーン」を開始、禁煙宣言者に一律10万円を支給


 日本綜合地所は7月31日から、全社的に「禁煙促進キャンペーン」を始めた。全社員を対象に実施するもので、禁煙を決意、宣言した社員に禁煙支援の一環として一律10万円を支給する。現在、全社員292人中、110名が喫煙者だが、今回のキャンペーンで全員が禁煙を宣言したという。また、全社員が禁煙宣言をしたことで、非喫煙者の社員に対しても協力祝い金として10万円を支給する。


公開日: 2006年7月31日