「東急ハーヴェストクラブ」にハイグレードな新ブランド投入 東急不動産


 東急不動産は、会員制リゾートホテル「東急ハーヴェストクラブ(開業済21施設)」で、客室や仕様設備、サービスレベルなど従来のハーヴェストクラブをグレードアップさせた新ブランド「VIALA(ヴィアラ)」を新たに企画。新シリーズとして展開を図っていく。
  第1弾プロジェクトは、「東急ハーヴェストクラブVIALA(ヴィアラ)箱根翡翠(ひすい)」(所在:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原、総室数700室、会員権総口数744口)で、このほど会員権販売を開始した。
 約半数の客室に専用露天風呂、ハーヴェスト最大100m2超の中庭露天風呂付のスイートルームなど、これまでにないゆとりの空間が特徴。開業は2008年4月を予定。


公開日: 2006年11月7日