「超長期住宅先導的モデル事業」第2回募集を開始/国土交通省


 国土交通省は、「超長期住宅先導的モデル事業」の第2回募集を開始した。「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」ストック社会を目指し、具体的なモデルを国民に示し、普及啓発することと、技術の進展を図ることが目的。採択事業には、一部費用の補助が受けられる。
 募集は①住宅の新築②既存住宅等の改修③維持管理・流通システムの整備④技術の検証⑤情報提供および普及--の5部門。9月12日まで提案を受け付け、11月に採択プロジェクトを決定する。
 応募書類は建築研究所超長期住宅先導的モデル事業評価室(03・3221・8601)で配布。ダウンロードもできる


公開日: 2008年8月6日