三井不動産グループ/今秋から柏の葉100世帯のCO2排出状況をモニタリング


 三井不動産グループは今秋から、「パークシティ柏の葉キャンパス一番街」の約100世帯を対象に2010年3月まで二酸化炭素(CO2)排出状況をモニタリングする。
 モニタリングにあたり、日本マニュファクチャリングサービス社やコスモライフ社とともに、電気・ガスなどのエネルギー消費量やCO2排出量等を表示し、省エネルギー行動を促す家庭用ナビゲーションシステムを開発済み。モニター結果については、東京大学と千葉大学の協力のもと、家族構成や居住条件といったさまざまな角度から分析する。
 今回の取り組みは、「柏の葉・CO2削減見える化プロジェクト」として、環境省が推進するエコ・アクション・ポイント事業(※)のモデル事業に採択されている。同ポイントは、モニタリングが終わったあとに、CO2排出量に応じて各家庭に付与する。
 ※商品やサービスなどと交換可能なポイント。今回の柏の葉ではジェイシービーと連携し、ポイントを付与する。


公開日: 2008年8月11日