シーズクリエイト/監理銘柄指定へ、延長期限までに四半期報告できず


 東証1部上場のシーズクリエイトは8月29日の延長提出期限までに09年3月期第1四半期報告ができないと発表。同日、新日本有限責任監査法人との契約も解約し、一時会計監査任に公認会計士の高田直史事務所と岡田育大事務所を選任して監査契約を締結した。
 延長期限までに提出できなかったことを受け、東証の規則に基づき監理銘柄に指定される見込み。四半期報告書が提出され次第、監理銘柄指定が自動的に解除される。


公開日: 2008年8月29日