「スマートスタイル」「ジニアス」に新商品 ミサワホーム


 ミサワホームはこのほど、主力の注文住宅商品「GENIUS(ジニアス)」と企画型住宅「SMART STYLE(スマートスタイル)」両ブランドの新商品を発表した。10月10日から北海道・沖縄を除く全国で発売する。
 企画型住宅の新商品は40代のミドルファミリーをメーンターゲットに据えた木質系2階建て「スマートスタイルG」。陶器瓦などで日本の美意識を生かした外観など、「バブル期に一流のものに触れ、良いものを見極める力のある40代」(同社)に訴えるデザインに仕上げている。
 スカイパティオのあるSタイプとワイドバルコニーのWタイプを用意。プランは反転タイプを含めて30プラン。価格は坪当たり52万5000円(Sタイプカスタム仕様)から。
 注文住宅の新商品は「ジニアス Viki air(ビキエア)」。都市部の狭小敷地を想定した商品で、東京近郊や地方都市などの戸建て分譲もターゲットに拡販していく。この投入を起爆剤に、現在48%の三大都市圏シェアを52%まで引き上げる計画だ。メーンターゲットは30代後半から40代の共働きファミリーで、都市部に多い110平方�前後の床面積を想定している。価格は坪当たり63万円から。年間700棟の販売を目指す。
 新開発した軒の出をゼロにする破風や2階を455�オーバーハングさせることなどによって斜線対応力を高める。蔵のほかにも壁厚を生かした収納やダイニングに据え付けのベンチなどで収納スペース確保するなどして狭い敷地面積でも広い居住空間を確保する。


公開日: 2008年10月3日