リファイン工法で現場見学会を開催/青木茂建築工房


 青木茂建築工房は28日、千葉市内で「リファイン工法」を用いて改修途中の物件見学会を開く。同工法は、建物全体をスケルトン状態に戻し耐震補強などをした上で再生する。物件は千葉市中央区の5階建て集合住宅。
 見学会では、内部や外壁のコンクリートを解体し躯体が現われた状態のものを見学できる。これから内装工事にかかる前段階。実際に現場を見ながら、補修方法や補強方法、リファイン後のイメージなどの説明をする予定。
 建物は階段室型だが、リファイン後は共用廊下やエレベーターの銅線を負荷する。内部の間取りは1R、1LDK、2LDKの基本プランを3タイプ計画している。参加には申し込みが必要。問い合わせは同社(電話03・5789・0488)まで。


公開日: 2008年10月15日