7-9月期の不動産価格、首都圏は住宅地・既存マンションとも続落/三井不動産販売調べ


三井不動産販売は23日、7ー9月期のリハウス・プライスリサーチを発表した。

首都圏平均の四半期変動率は住宅地でマイナス2・6%、既存マンションでマイナス1・4%と引き続き下落した。エリア別では、都区部の下落率が平均を大きく上回った。年間変動率では、住宅地は7・8%下落。既存マンションは2・3%下落と05年以来12期ぶりにマイナスとなった。

同社では「エリアによってばらつきはあるものの、住宅地・既存マンションともにしばらく調整が続く」と予測している。 プライスリサーチは、同社が四半期ごとに発表する定点調査。


公開日: 2008年10月24日