全日と業務提携、会員向けに教育講座提供/日本RSP協会


 日本レジデンシャル・セールスプランナーズ協会(=RSP協会、東京都中央区、近藤紀一理事長)は27日、教育カリキュラムの提供などで(社)全日本不動産協会(川口貢会長)と業務提携した。全日会員に対し、営業社員向けの講座などをE-ラーニングで提供する。
 提供するのは「営業実務編」「基礎知識編」の計29講座。全日会員専用の識別番号でRSP協会のホームページから申し込みを行った後、発行されるパスワードを利用して受講できる。全講座を受講すれば、RSP協会が毎年実施している独自資格「レジデンシャル・セールスプランナー資格認定試験」の受験に必要な単位を取得できる。
 日本RSP協会は、不動産流通業務のスキル向上を目的に設立された団体。RSP資格認定試験は大手流通会社30社が社員教育に活用している。


公開日: 2008年10月28日