クリードが会社更生手続きを申し立て、負債総額は650億円


 クリードは1月9日、会社更生手続きの開始を東京地裁に申し立て、即日受理されたと発表した。同社によると負債総額は約650億円。信用収縮と不動産市況の悪化以来、保有不動産の売却によって有利子負債200億円以上の圧縮や人員削減、傘下のJリート運用会社の売却などを進めてきたが、昨年末に期限を迎えた借入金返済の原資調達ができず、今後の見通しも立たないため、自力再建を断念した。


公開日: 2009年1月9日