都内新築マンション価格、希望価格とのかい離率は17%/アトラクターズ・ラボ調べ 


 アトラクターズ・ラボ(東京都千代田区、沖有人社長)は16日、新築マンションの分譲価格とユーザーが希望する価格とのかい離率を発表した。08年7-12月期のかい離率は、都内23区で17・3%(価格差868万円)だった。かい離率は前年同期から5・5ポイント縮小しているが、ひと桁台だった06年と比べると未だ高い水準にとどまっている。一方、首都圏23区以外のかい離率は15・0%(同563万円)。前年同期から7ポイント近く拡大した。

 調査は半期ごとに実施しているもの。同社が運営するマンション購入者向けサイト「住まいサーフィン」会員の物件希望価格を集計した。


公開日: 2009年1月16日