定価制リフォーム「暮らしアップ」にライフスタイル提案型の3商品投入 東急ホームズ


 東急ホームズは、定価制リフォーム「暮らしアップ」に3つのライフスタイル提案型新商品を投入した。顧客のニーズを反映させもので、「ミルクリーク」「ナチュラル」「ユニバーサル」の3つを展開する。
 同社の輸入住宅ブランドと同じ名前を付けた「ミルクリーク」は、輸入住宅と同様にデザイン・設計に新築のノウハウを生かす。リビングの壁を取り払って開放する「グランドルーム」への間取り変更や標準仕様のオリジナルキッチンなど格調の高さが特徴。「ナチュラル」は珪藻土の塗り壁や無垢の床材、杉を使ったドアなど、自然素材にこだわった。「ユニバーサル」は要介護認定2のユーザーを想定。玄関収納のベンチユニット、スライド式の洗面化粧台などを標準採用している。
 これら3商品にこれまでの「暮らしアップ」をベースにした「ベーシック」を加えた4商品をラインアップする。
 32坪・間取り変更なしの税別標準価格はミルクリーク874万円、ナチュラル998万円、ユニバーサル1080万円、ベーシック823万円。ベーシックの場合、資材メーカーを広げること円高差益によって従来商品よりも1割程度コストダウンしている。2月中旬をメドに現在の展示場を新商品の仕様にリニューアルする。営業基盤を確立し、次のコンセプト商品の考案に備える。
 従来の「暮らしアップ」は全改装を基本としていたが、部分リフォームのニーズが強いことから対応力を強化したことも特徴だ。内装、住設機器、耐震強化など、それぞれの部位・工事内容ごとに細分化して価格設定した。全改装の場合はこれらをすべて導入するよりも割引になる。


公開日: 2009年1月21日