投資物件をリノベ再販/リヴァックス


 リヴァックス(東京都渋谷区、齋藤信勝社長)は、ワンルームマンションのリノベーション再販事業を本格化する。これまでは実需向けに展開してきたが、今後はリノベ物件に興味を持つ個人投資家もターゲットにしていきたい考えだ。09年11月期は30戸、10年度は80戸を販売する。
 「REISM-koko」ブランドで展開する。入居者層をあらかじめ想定し、その嗜好に合わせた個性的な物件づくりをしているのが特徴だ。例えば、昨年発表した「Rosa」は、“カワイイ”という感性を大切にする女性をターゲットにローズ柄の壁紙やシャンデリアを採用した。
 またこのほど発表した「Rough」では、DIY好きのシングル男性を対象に壁の片側一面に「カスタムウォール」を設けた。ペイントや釘打ち、棚の取り付けなどDIYが楽しめる空間を実現した。同社では「リノベ物件は賃貸市場における物件競争力を高め、投資家のメリットにもつながる」としている。


公開日: 2009年1月22日