中古マンションの評価スタート/「マンション評価ナビ」


 風(東京都港区、大久保恭子社長)は19日、運営するウェブサイト「マンション評価ナビ」(http://www.mansion-hyoka.com/)に中古マンションの評価コンテンツを追加した。一級建築士などの専門家が、対象となる物件の居住性や維持管理状況について5点満点で評価する。まずは都心の100物件をホームページ上で公開し、今後数を増やしていく。

 中古マンションの評価サービスは、国土交通省の第1回超長期住宅先導的モデル事業にも採択された。新築物件同様、現地調査を行ったうえで評価。具体的には「拠点性」「住環境」「居住性(共用部分・住戸)」「維持管理」の5分野25項目を5点満点で採点する。すべての得点を平均した「総合評価」も行う。


公開日: 2009年1月23日