大阪・博多で商業ビル竣工/野村不動産アーバンネット


 野村不動産アーバンネットは30日、大阪市と福岡市で複合ビルを竣工したと発表した。

 「北堀江コレット」(大阪市西区)は、大阪市営地下鉄四つ橋線「四つ橋駅」から徒歩3分に立地。RC造の地下1階地上10階建てで、延べ床面積は約1865平方メートル。地下1階から2階(45・83平方メートル~146・8平方メートル)までを店舗スペース、3階から10階(35・57平方メートル~110・24平方メートル)までを住居スペースとする。心斎橋周辺に近く、職住接近を求めるビジネスマンの需要を見込む。

 「アーバンプレム博多」(博多市博多区)は、福岡市営地下鉄空港線「中洲川端」駅から徒歩1分。RC造・地上8階建てで、延べ床面積は約2820平方メートル。1階が店舗(90・58平方メートル)、2階が店舗兼事務所(292平方メートル)、3階~8階を事務所(273・60平方メートル~290・38平方メートル)とする。

 それぞれ収益物件としてテナントを入れた上で投資家に販売する計画だが、自社ビルとして活用したいというニーズがあった場合には柔軟に対応する。価格や賃料、利回りなどは現段階では公表していない。


公開日: 2009年1月30日