長谷工コミュニティ/住みながら耐震化が国交省モデル事業に


 長谷工コミュニティは、「『住みながら耐震化』を実現する既存マンションの総合的延命化プロセス」提案が、国土交通省の第2回長期優良住宅先導的モデル事業の公募において既存住宅等の改修部門のモデル事業に採択された。マンション共用部の改修で事業対象を特定しない汎用性のあるシステム提案は初めて。

 新耐震基準に満たない既存マンションに居住者の生活や共用廊下の通行などにも影響を及ぼさずに長期耐震化対策を支援するシステム。修繕履歴や既存の修繕計画を踏まえて現況と長期利用の可能性を総合診断するのが第Ⅰ段階。その診断に基づき、通常の計画修繕で対応すべき対象と、新たに耐震改修・躯体保護が必要な長期耐用化対策(第Ⅱ段階)に仕分けて実施する。採択により国の補助金を活用した事業計画が立案できる。


公開日: 2009年11月12日